FC2ブログ
2009.06.08(月)

『北海道の葬儀』地方編

昨日、義父の納骨を無事終えました~。
ああ、長い道のりだった(u_u)

けど、少し肩の荷がおりて
ホッとしました。

ところで葬儀といえば
先日、義妹のお舅さんが亡くなって
岩内の方なんだけどね。
きくと葬儀いろいろ
また札幌とかなり違うみたいなの!

「北海道の葬儀」なんてタイトルで
知ったようなことを書いてきたけど
とんだ失礼でしたわ(-д-`*)。

札幌は告別式のあと
火葬場に行き
帰ってきて忌中引きをし、
火葬に行った人たちだけに引き出物を渡すんだけど

岩内の方では
火葬したあとに告別式なんですって。
だから渡す引き出物の量もすごく多くて
だからお金がかかるらしいの( ̄Д ̄;)。

札幌では香典返し(正確には会葬御礼というらしい)として
500円ばかりの
海苔とかお茶を頂くだけだから
香典も普通に3000円くらいの人もいるじゃない。
けどそのつもりで岩内に3000円包んでいくと
ことのほか豪勢な引き出物を頂いてしまい
すっかり恐縮する羽目になるらしいわ。

あとね、
通夜、葬儀の期間、1人で行動しちゃいけないらしいの。

まるで小学校の修学旅行みたいだわね。

「単独行動禁止だぞ~( ̄Д ̄)ノ」

みたいな。

1人でいると死んだ人に連れて行かれると信じられているらしい。

遺族は通夜、告別式の一時間前から
入り口に並んで会葬者を迎えなければならず
終わった後も並んでお見送りしないといけないので
足は棒のようになるらしいわ。

そして葬儀場ではなく
「お寺」
で行うっていうのがステイタスらしいわ。

そして喪主は四十九日までは
たとえ自分の家族がなくなろうとも
他の人の葬儀には絶対でてはいけないんだそう。
もちろん他の公共の場にもね。

…はぁ~( ̄ロ ̄lll)
同じ道内でこんなに違うなんて

驚きじゃありませんか( ̄◇ ̄;)!?

岩内の皆さんからすると
札幌の葬儀場での葬儀は
ずいぶん合理的で冷たく感じるらしいわ。
でも確かにそうかもね。

岩内では火葬場に行くバスとご遺体は
故人の住まいと職場などゆかりの深い地にたちより
クラクションを長鳴らしして
それから火葬場に向かうらしいの。

そういうのって
故人への心配りが感じられるわ~


でも
折り悪くも
亡くなる人ラッシュで
坊さん都合つかず
仮通夜から告別式まで4日もかかったそうなの。

ただ1人の嫁というだけで
連日睡眠時間2時間を強いられ
親族の浜育ちの

「亭主が漁にでているあいだは
家を守るのはあたいらだよ!」

的な
気性の激しいおば様達にこき使われ
ボロ雑巾のようにヘトヘトになった義妹の話をきくと

…義父が札幌に住んでいてくれて
親戚は皆農耕民族の温厚な方ばかりなことに
ついつい感謝してしまったわ(*´Д`)

有り難う、お義父さん!

それにしても
葬儀ってホント奥深いわ~(-o-;)

よろしければ、クリック下さいまし。感激ですわm(;∇;)m 
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
     
読んでくださりありがとうm(__)m 
│posted at 16:36:27│ コメント 0件トラックバック 0件
2009.03.19(木)

『北海道の葬儀』香典の巻

「御霊前」  「御仏前」

通夜、告別式に持っていくのは
「御霊前」
これはわかります。

葬儀後
四十九日まで自宅に祭壇が設置され
お骨と位牌を置いて供養するわけですが、
葬儀に出席できず、
自宅に御参りに来てくれる方、
または遠方なので、香典のみ送ってくださる方、
この香典の表書きが
「御霊前」と「御仏前」の二通りがあるのです。

私自身も
漠然と「仏壇になったら御仏前?」
なんて思っていたので
今のような、「お骨と位牌」っていう状態では
いったいどっち(??)て感じであります。

どっちが正しいのでしょ(゚ペ)?

ということで調べてみました。

正解は「御霊前」

ほとんどの場合は四十九日までは「御霊前」のようです。


こちらは私がすっかり勝手にたよりにさせてもらっている
札幌の仏事コンサルタント 典正さんのブログ
     ↓
「知らないと損をする!仏事コンサルと学ぶ葬儀やお墓のこと」

「仏事って・・・・あ”-っ!めんどくさっつヾ(。`Д´。)ノ!!」
と一時は投げ出したくさえなりましたが
このブログを読ませてもらって
いろいろ発見があり、
少し前向きに・・・(;^ω^A
いろいろ勉強になります。
しかも
「そうそう!まさにそれが知りたかったのさ~ヽ(^□^*) 」
という痒いところに手が届いているのが助かります~

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
にほんブログ村


     ↑
読んでくれてありがとうm(__)m








│posted at 15:13:07│ コメント 0件トラックバック 0件
2009.03.18(水)

『北海道の葬儀』…お金が下ろせない∑( ̄口 ̄)!

口座の凍結

こんなことはもしかすると
常識なのかもしれませんが
我々夫婦は
まさか、金融機関が勝手に人様のお金を
下ろせなくするなんて
考えたこともありませんでした(-o-;)。
義父が亡くなった当日
葬儀の準備にてんてこまいの私たちをみて
死亡届けは急がないといけないといって
叔父が区役所に行ってくれたのです。
で、そのあと夫が
葬儀代を下ろさないとと
生前義父から自分の葬儀代だからと預かっていた郵貯の口座から
お金を下ろしに行ったのです。
すると!
なんとATMでお金が下ろせないΣ( ̄ロ ̄lll)
暗唱番号が違ってるのか!?
と焦った夫は、頭が真っ白になりながら、
何度もトライするも
引き出しかなわず。
急遽、他のことによけておいたお金でたてかえて
事なきを得ましたが
これはいったいどゆこと!?

…そう、亡くなった人の口座は凍結され
下ろせなくなるんだそうです。
そんな、勝手に(`Д´)!
しかもなんでわかるの!?
と疑問がフツフツと湧いてくるわけですが
知り合いの元銀行支店長にきいたところ
銀行の職員の皆さんは
毎日新聞のお悔やみ欄を必ずチェックし、
お得意様や大口の預金者はすぐわかるそうで、
でも目に止まらないひとももちろんいる。
だから必ずしも全員の口座が凍結するわけではないそうなのです。
現に私の母が亡くなったときは
たいして残金もなかったせいなのかわかりませんが
こっちが申し出るまで
いっこも凍結なんてされませんでした。
でも、ここで新たなギモンが。
うちの場合、即日通夜でその日の新聞広告にはまにあわず
新聞に出たのは葬儀のあと。
なのになぜこんなに即座に凍結?
まさか区役所のたれ込み…な~んてまさかね~(^_^;)

考えられることが
ただひとつありました。
運悪く(?)
義父行きつけの郵便局が
なんと葬儀会場の真ん前!
大胆に外に掲げられるたて看板が見えないはずないし
ご近所なので情報も早い。
確実な口コミでも凍結可能、という噂も・・・(-_-メ

往生際の悪い夫が
葬儀後、
つらっとして印鑑と通帳を持って窓口で再トライしに行ったのですが
職員の方から先に
「この度はご愁傷様で…」
(し、知ってるのかいヾ(- -;))
と言われ
ほうほうのていで
退散してきたのであります。
一度凍結された口座は
かなり面倒な手続きが必要になります。
(銀行は葬儀代など事情がある場合は少しはなんとかなるらしいです。)
あるおばあちゃんは
ご主人が亡くなり
葬儀代を下ろしに行ったところ
金額が大きいのでもしやと思った職員の
「もしかして、おじいちゃん亡くなったの?」
という質問に
素直に「はい」と答えたため
その時点でもう引き出せなくなったとか(><;)

まぁ、故人の遺産を守るという点で
必要な措置かもしれませんが
別に遺産を奪って逃げる気もない
現実の支払いに追われる遺族としては
手痛いシステムであります(-.-;)

口座が凍結したら
    ↓
http://allabout.co.jp/family/funeral/closeup/CU20070111A/

そんな勝手に口座を凍結できるの(?_?)?どうやってわかるの?
の疑問がこちらに。
    ↓
http://okwave.jp/qa1433446.html

私もこの手の疑問を葬儀屋さんにもきいてみましたが
凍結されるひととされないひとがいる。
この質問の答えでは
財産が巨額だと凍結されるみたい、なのもありましたが
うちの場合はせいぜい200万弱で
・・・じゃ、あれはやっぱり暗証番号違い( ̄Д ̄;;?
ま、どちらにしてもばればれでしたからね(;^_^A

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
にほんブログ村


     ↑
読んでくれてありがとうm(__)m


│posted at 16:03:24│ コメント 0件トラックバック 0件
2009.03.17(火)

『北海道の葬儀』意外に知らないf^_^;正しい焼香の仕方

知ってるようで知らない

『正しい焼香の仕方』

①遺族(会葬者)と僧侶に一礼。

②焼香台の前に立ち遺影を仰いで一礼、合掌。

③数珠を左手にかけ、右手の親指、人差し指、中指の三本で抹香をつまみ、頭を軽く下げ、つまんだ抹香を目の高さにかかげたあと、指をすりあわせるようにして香炉に落とす。
(回数は宗派によるが1回~3回)

④焼香後は数珠を両手にかけて持ち
位牌と遺影に向かって合掌。

⑤霊前に向いたまま、2、3歩退き再度一礼したのち、遺族と僧侶に一礼し席に戻る。

というのが一般的な
焼香の仕方らしいです。
宗派によっては
抹香をかかげない場合もあるようです。
    ↓
「焼香の作法」

札幌の通夜ではよく
焼香台がキャスター付きの台に乗って
前から各自の席にまわってきますが
告別式は焼香順に呼ばれ
前に出て焼香をします。

うちの場合は
喪主の義母は欠席のため
当然施主である夫がトップバッター。
すっくと立ち上がり
スタスタと祭壇に歩み寄り
焼香を済ませくるりと回れ右して即座に着席。
「ん(・_・)? なにがアッサリしてないか?」
と多少違和感を覚えたものの
私も夫と同様に焼香。
その後の義妹夫婦、甥達も同じく親をまね…。

…が!

その後つらつらと続く
百戦錬磨のおじ、おばの作法をみて仰天。
「…ぼ、坊さんにもお辞儀するのか?」(夫)
「…そのようだね」(私)
最前列家族一同すっかり赤面(*u_u;)
いやはや、いいトシして恥です~(-_-#)
でも意外と知らないもんです~(^o^;)。
今までもあんまり
人様の作法
見てるようで見てなかったんですね。
勉強になりました。
でもネットをみていて出会ったこちらのブログ

「陽だまりのねごと」

これを読ませてもらって
作法ばかりにとらわれ
故人を送る気持ちを忘れてはいけないな
と。

そうだ。
それが何より大切だった。
親戚への体裁やらなにやらで頭がいっぱいになって
そういうこと忘れてなかったかな。
ちょっと反省(*u_u)。
お義父さん、
失敗ばかりだけど
許してね(*v_v)

北海道の冠婚葬祭と暮らしのおつきあい
北海道の冠婚葬祭と暮らしのおつきあい佐藤 朝子

北海道新聞社 1999-11-05
売り上げランキング : 875508


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
にほんブログ村


     ↑
読んでくれてありがとうm(__)m
│posted at 16:20:52│ コメント 0件トラックバック 0件
2009.03.16(月)

『遺影写真の巻』その2

今の世は全く便利で
なんと写真加工で
着せ替えできちゃうのです( ̄○ ̄;)

義父の写真は
誰かの結婚式のときのものだったので
「う~ん、お祝いの白いネクタイってゆーのはね…(-.-;)」
ということで
ストライプのネクタイに
着せ替え加工。

遺影専門の写真工芸店などで
相談にのってくれます。

ちなみに
親戚の誰かが
遺影を指差し
「あのネクタイを形見にくれないかな」
などと
神妙に言出したりした場合
その望みは叶えてあげられませんけどね(^o^;)
だって
存在しないんだもん(^_^;)。
(実際にあった話しです)
│posted at 15:42:30│ コメント 0件トラックバック 0件
プロフィール

なおぴ~

Author:なおぴ~
長きにに渡る派遣社員&通信大学生という兼業主婦生活から、ついに憧れの専業主婦に転身(゙ `-´)/!!大好きな温泉、キャンプ、珍主婦生活を絶賛更新中(を目指す)、、、、から3年ぶりに帰ってきました。専業主婦→兼業主婦に復活!珍主婦生活は健在です

 
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


 
FC2カウンター