FC2ブログ
2009.03.17(火)

『北海道の葬儀』意外に知らないf^_^;正しい焼香の仕方

知ってるようで知らない

『正しい焼香の仕方』

①遺族(会葬者)と僧侶に一礼。

②焼香台の前に立ち遺影を仰いで一礼、合掌。

③数珠を左手にかけ、右手の親指、人差し指、中指の三本で抹香をつまみ、頭を軽く下げ、つまんだ抹香を目の高さにかかげたあと、指をすりあわせるようにして香炉に落とす。
(回数は宗派によるが1回~3回)

④焼香後は数珠を両手にかけて持ち
位牌と遺影に向かって合掌。

⑤霊前に向いたまま、2、3歩退き再度一礼したのち、遺族と僧侶に一礼し席に戻る。

というのが一般的な
焼香の仕方らしいです。
宗派によっては
抹香をかかげない場合もあるようです。
    ↓
「焼香の作法」

札幌の通夜ではよく
焼香台がキャスター付きの台に乗って
前から各自の席にまわってきますが
告別式は焼香順に呼ばれ
前に出て焼香をします。

うちの場合は
喪主の義母は欠席のため
当然施主である夫がトップバッター。
すっくと立ち上がり
スタスタと祭壇に歩み寄り
焼香を済ませくるりと回れ右して即座に着席。
「ん(・_・)? なにがアッサリしてないか?」
と多少違和感を覚えたものの
私も夫と同様に焼香。
その後の義妹夫婦、甥達も同じく親をまね…。

…が!

その後つらつらと続く
百戦錬磨のおじ、おばの作法をみて仰天。
「…ぼ、坊さんにもお辞儀するのか?」(夫)
「…そのようだね」(私)
最前列家族一同すっかり赤面(*u_u;)
いやはや、いいトシして恥です~(-_-#)
でも意外と知らないもんです~(^o^;)。
今までもあんまり
人様の作法
見てるようで見てなかったんですね。
勉強になりました。
でもネットをみていて出会ったこちらのブログ

「陽だまりのねごと」

これを読ませてもらって
作法ばかりにとらわれ
故人を送る気持ちを忘れてはいけないな
と。

そうだ。
それが何より大切だった。
親戚への体裁やらなにやらで頭がいっぱいになって
そういうこと忘れてなかったかな。
ちょっと反省(*u_u)。
お義父さん、
失敗ばかりだけど
許してね(*v_v)

北海道の冠婚葬祭と暮らしのおつきあい
北海道の冠婚葬祭と暮らしのおつきあい佐藤 朝子

北海道新聞社 1999-11-05
売り上げランキング : 875508


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
にほんブログ村


     ↑
読んでくれてありがとうm(__)m
│posted at 16:20:52│ コメント 0件トラックバック 0件
プロフィール

なおぴ~

Author:なおぴ~
長きにに渡る派遣社員&通信大学生という兼業主婦生活から、ついに憧れの専業主婦に転身(゙ `-´)/!!大好きな温泉、キャンプ、珍主婦生活を絶賛更新中(を目指す)、、、、から3年ぶりに帰ってきました。専業主婦→兼業主婦に復活!珍主婦生活は健在です

 
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2009年03月 | 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


 
FC2カウンター