FC2ブログ
2013.01.27(日)

サプラ~イズΣ(・□・;)

お尻にようやく火がつきぎみな昨今
(ええっΣ(゚д゚lll)・・・まだついてなかったんかい!?)

なので
今日は二階で勉学に勤しんでおりますの

お昼もすぎ
お腹もご飯を催促しだしましたので
まもなく
階下から
餌を求める夫のさえずり(あるいは雄たけび)も聞こえてくるだろうと
ふんでいましたところ

さえずりではなく
トントンと階段を上がってくる音

「すわ!さては拉致&強制キッチン送りか!?」

と身構えたところ
「開~け~て~」
と声が


ドアを開けると

な、な、

なんとっ∑(゚Д゚)!!!!


おおおお!!!
天の使い!!???

ではなくて

そこには
昼食の乗ったお盆を持った

がまぎれもない
我が夫が( ̄◇ ̄;)!!

反射的に
槍でも降ってくるかと思い
思わず防御姿勢をとりましたわ

いや~

驚いたのなんのって

これが実物です

ラーメン&焼き餅(砂糖醤油付き)セット
デザートのミカン付き



ほうれん草がカットされることなく
ありのままで
投入されています

その後、
なんと食後のコーヒーまで運ばれて決ました( ̄O ̄;)

どういう風の吹きまわしか知りませんが
夫よ
ありがとう

すっかりいい気分になって
昼寝、しちゃお~かな
なんて、
まったり中の昼下がりです。
(オーイゞ( ̄∇ ̄;) 勉学はどーした)
│posted at 13:24:38│ コメント 0件トラックバック 0件
2013.01.17(木)

続 カルルス温泉『鈴木旅館』

ヒャッホ~
やってきました
カルルス温泉 鈴木旅館






↑入浴前の有頂天なワタシ


ここの温泉を一言でいうと・・・・

「熱い!」

のひと言につきますわ

「熱い」というのは、
熱血主人がいるとか、そうゆうことではなくて

お湯の温度

のことですわよ

中でももっとも熱いのが
この「玉の湯」という浴槽です


通常
「冷え切ったカラダを温泉につける」
とっていうのは至福の瞬間ですわよね

「あ、あ~(´Д` )しみるう~」

みたいな



この浴槽に限っていいますと

足の指がちょっぴし触れただけで

「・・・・あぢいーーーーっ!!!!」

と後方に最低3mは飛びのくこと間違いなし( ̄Д ̄)ノ!!

説明を見てみると・・・



うまあ!
なんですって玉の湯42℃∑(゚Д゚)!?

ばかな!!

んなわけ
ないでしょー\( ̄∀ ̄;)!!


たいていのことを信じるピュアな私も
これを鵜呑みにするほどのお人よしではなくってよ

よく見ると
「源泉温度が高いので自然湧水で加水」

・・・まさか
私を歓迎するあまりの
「加水なし特別源泉大サービス」!|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||!!??


とっても入れたものじゃねえ(-ω-;)・・・

と一時は思ったものの
浴槽の傍らに
このような札を見つけてしまいましたの↓


「玉の湯 神秘な地球、宇宙の力で健康壮快となり玉のようにきれいな身体になる」
(ほとんど"土の湯"と読めますが^^;)

なんとっΣ( ̄ロ ̄lll)!!!

実は、こういう文句にからきし弱いんですのよ~(´Д` )

「宇宙」まで出てきた日にゃあ
恩恵を授からねえでどうするってんでい!
熱いのへったくれだの言ってる場合じゃねえ

と、急遽江戸っ子化してみました

かくなる上は覚悟を決めて
お湯が決して波立たぬよう
細心の注意をはらいつつ

いざ入湯!

さあ!!
宇宙のエネルギーを全身に感じるのよ!!



・・・・エネルギー、ダウンロード中( ̄ー ̄)・・・



こうして無になれば熱さなんてなんのこたねえ・・・
いっそこのまま解脱して
悟りの境地に至ってやるぜ・・・・

(。-`ω-)(。-`ω-)(。-`ω-)・・・・・
(。-`ω-)(。-`ω-)(。-`ω-)・・・・・
(。-`ω-)(。-`ω-)(。-`ω-)・・・・・

(。-`ω-)

あ"

.......ぢーーーー(((((( =`□´=)/!!!


あぢいーーーー!!あぢあぢ


・・・ムリ(--;)・・・

絶対

ムリ(`◇´)!!

解脱するまえに火傷するわい(`Д´)!!

てことで
結局
解脱は無理でしたが
他にこのような利用方法が提案されています


お分かりになるかしら
一番下の写真

浴場に備えてある木の枕を使って
床にただ寝そべっているのですわ

なんと

「浴場丸ごとスチームサウナ」Σ(゚д゚lll)!?

熱い風呂が苦手な方が
しっぽを巻いて逃げ出さないようにとの
苦肉の策でしょうか?


せっかくですから
やってみました

温泉浴場ですっぱだか大の字タイム

うーん
ダイナミック
さっきよりよほど宇宙を感じられますわね

但し、
人が入ってくると互いにギョッとします( ̄Д ̄)ノ



熱湯への挑戦&宇宙エネルギー注入を満喫したあとは

夕食へ

ここの食事の特徴は以下の二点です

(1)かぎりなく薄味で上品な味付け
(2)どう考えてもお年より向けの柔らかいご飯



それもそうでしょう

なんと周りを見回すと

お年寄り率90%強(||゚Д゚)!!
ですわ

夫は
廊下を歩くたびに
従業員と間違われお年寄り達から
「電気はどこでつけるんだ」だの「トイレはどこか」だの
質問攻めに会っていましてよ

まあ
そんなこんなで
ある意味、相当刺激的なお湯でしたけれども
小刻みに4~5回ばかり
入らせて頂きました

あとで夫に聞きましたところ
男湯の温度は
それほどでもなかったそうで

やっぱり

私だけ・・・


ザ・加水無し源泉大歓迎( ̄口 ̄∥)!!??



というわけで
熱いお湯が苦手な方も
カルルス温泉にそれほど恐れおののく必要はない模様です(^o^)


最後に
ラーメン五十番(苫小牧)の塩ラーメン

激ウマ!!
FB友だちが以前紹介してて
ずっと気になってましたの。
絶対また行く(`_´)ゞ!!


そして・・・


帰りに寄った藤そば「海老天そば」

ここも苫小牧に行くと
必ず寄る、絶品お蕎麦!!
田舎蕎麦好きにはオススメです(^o^)


あ~~~

やっぱり風呂はいいな~♪ヽ(*´∀`)ノ

│posted at 16:09:26│ コメント 3件トラックバック 0件
2013.01.16(水)

カルルス温泉『鈴木旅館』

新年、明けましておめでとうございます


・・・・というには
少々遅うございますかしら(^^;;

今年も何回更新できるかわかりませんけれども
宜しくお願い致しますわね

更新目標
二桁!!!!

目指して・・・・



さっそく

せっかくの新年ですもの
もっとも新年にふさわしいトピックを・・・・

じゃーーーん!!

「年末年忘れ温泉旅行」(`∇´ )/!!


・・・・・わかってますわ(-ω-)ノ"!!
みなまでいわずともよろしくてよ

「いったいどこがヾ(`Д´) !?」

という、その憤り・・・

さすがに、新年のいまこれをUPするのは
少々腰がひけましたけれども

なんたって
本来「風呂」がメインのブログゆえ
季節をはずしたとはいえ
一応、
なんらかの形で残しておかねばと・・・

ということで
毎度のことながら
いっとき新年の浮き立つココロをしずめて
年末の忙しさに疲れきったココロとカラダを思い出しつつ
読んでいただけますと幸いですわ


さて、
最近流行のクーポンサイトなるもの
あれって便利ですわね~

私もよく利用しますの

特に
温泉関係だけは見落とすことのないよう
目を皿のようにして(というよりほとんど血眼で)毎回チェックしています

で、
そろそろ温泉行きたいな~
と思ってたところに

なんとかねてから気になっていた
名湯の噂高い(←親戚洋太郎おじさん85歳の情報)

カルルス温泉 「鈴木旅館」


なんと
一泊二食付き3780円∑(`□´/)/!!!

これが天からの私へのねぎらいでなくてなんでしょうか!?
いっときの迷いもなくソク購入!し
行って参りました

なんと、意外にも初カルルスですの

カルルス温泉といいますと
北海道一の湯処「登別」

の奥座敷に鎮座する
どちらかというと
「ひなびた」系の小さな温泉郷

その中でも比較的こぎれいな感じのする

「鈴木旅館」

は、なんと創業明治38年!!創業100年以上の老舗です!!

・・・とはいえ
本州の温泉なんかから比べますと
まだまだ新参なのかしら(-_-;)

→兵衛向陽閣(有馬温泉)創業700年
 慶雲館(甲州西山温泉)創業1300年
 (↑( ̄Д ̄;)!!!・・・武田信玄や徳川家康も入ったという、恐るべき歴史)

といっても
この厳寒の北海道で、
ヒグマの恐怖と戦いながら
この山奥に温泉を切り拓いたというのは
大変な偉業であることは間違いありませんわ

てなことはおいといて
去る、2012年12月13日
名湯カルルスに向い
ひたすら36号線を南下

本日の行く先は
道民、しかも札幌市民なら
誰もがなんども行っている登別方面
なので
運転は夫にまかせ
海沿いの美しい景色にみとれておりました



ところ


んんん(・・?)??
やけに着かない・・・・・
そうこうしているうちに
「室蘭まで○km」の看板

・・・いや~な予感が駆け巡りましたわ(ー ー;)

「まさか、まさか、道央にすんでいて登別の看板を見逃す人がいるわけがない!!」
と自分にいいきかせつつ

恐る恐る夫にたずねましたわ
「まさか・・・登別過ぎてない?」

夫「えー( ̄ー ̄?)、ワカンナイ」

・・・・いた(´Д` )



登別への入口はすっかりすぎて
気づくとほとんど室蘭市内

2時にチェックインすると連絡していたにもかかわらず
すでに
日はすっかり傾いていたのでした((((;゚Д゚)))))))




・・・続く
│posted at 16:53:47│ コメント 1件トラックバック 0件
プロフィール

なおぴ~

Author:なおぴ~
長きにに渡る派遣社員&通信大学生という兼業主婦生活から、ついに憧れの専業主婦に転身(゙ `-´)/!!大好きな温泉、キャンプ、珍主婦生活を絶賛更新中(を目指す)、、、、から3年ぶりに帰ってきました。専業主婦→兼業主婦に復活!珍主婦生活は健在です

 
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2013年01月 | 02月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


 
FC2カウンター