FC2ブログ
2007.09.24(月)

気合が伝わる宿「御宿 清水屋」

日本の名湯のひとつとして
入浴剤になるほどの温泉ドコロでありながら
近いのに意外と行かない「登別温泉」。
で、新婚旅行代わりにのんびりできる老舗の旅館にと
前々から気になっていた

(この”御宿”というのがよいじゃありませんか!?「おんやど」なのか「おやど」なのかいまだ不明ですが、いかにも旅の宿というカンジで!)
に宿泊することに決めましたのです。
netでじゃらんの口コミも上場だったしね(^_^)v。

で、行ってみますと、

さすが「御宿」

期待は裏切らない!

外観はたいして立派ではなく、しかも立派な旅館の隣にあるので
知らないできたひとは
「おーー!あれか!」
とぬか喜びさせられることでしょう。(ふふふ)
でもそんな心配無用です。
「御宿」はとても素敵な宿ですから。

その日は雨だったのですが
クルマが宿に近づくと、ーザーぶりの雨の中
すかさず走ってきてずぶぬれで誘導する、駐車場係り。
クルマから降りるか降りないうちに
「お荷物お持ちします!」とすばやく私たちに傘を差し出し
案内する係員。
ひとたび中に入ると、趣のある和風な素敵な内装。
でしゃばらずさりげない、でもとても心ある応対をしてくれるお部屋係り。

う~む。さすが
老・舗!

とうならずにはいられない細やかな心遣い。

ここの旅館のすごいところは
「うわーー!すってきな旅館!」
というのはあんまりないのだけど
だんだんじわじわと
「この旅館ていいかも」
と不思議に思ってくるところ。
今でも私たち夫婦で
「・・・あの旅館よかったよね~」と
しみじみ口にでます。
お湯のよさはもちろんのこと、働いている人達の
「もてなしの心」なんですね~。
部屋出しの料理も最高でございました。

お風呂は男女二つの浴場のうち露天があるのはひとつだけ。
時間で男女入れ替わります。
「え?露天ひとつしかないの?」
と一瞬がっかりしたものの、内風呂もとってもよいので
まずます納得。いい風呂でした~(*^。^*)。
お湯サイコ~
はいったアトも肌がずっとサラサラ♪
日帰りもいいけど
やっぱり泊まりはサイコーだね!
飲めるし)

余談ですが、このとき登別で「鬼花火」というイベントが催されていました。
風呂上りに冷やかしでいってみると
これが以外にも、手作り感あふれるなかなか楽しめるイベントです!
おどろおどろしい中々凝った演出で登場する鬼達。




でも「おー」というちょっとずっこける素人っぽい鬼達の雄たけびは
むしろほほえましく、温泉組合の若者達(かどうかはわからないけど)が登別を盛り上げる為、素人ながら奮闘しているのでしょう!
鬼たちが体をはって疲労するクライマックスの花火は
鬼役のひとたちが燃えないかハラハラもので
思わず拍手を送りたくなります。
きっと誰もが登別をちょっと好きになったでしょう。

│posted at 11:20:33│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
プロフィール

なおぴ~

Author:なおぴ~
長きにに渡る派遣社員&通信大学生という兼業主婦生活から、ついに憧れの専業主婦に転身(゙ `-´)/!!大好きな温泉、キャンプ、珍主婦生活を絶賛更新中(を目指す)、、、、から3年ぶりに帰ってきました。専業主婦→兼業主婦に復活!珍主婦生活は健在です

 
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2020年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


 
FC2カウンター